Skip to content

精油の価格と注意点

お風呂に入っている時のゆっくりとした時間にアロマオイルを使いたいと考える人もいるかもしれません。
リラックスできて疲れがとれる感じる時は副交感神経が優位になります。
そのときアロマオイルをつかうことででさらにストレス緩和につながりますね。

アロマオイルをお風呂で使うときにはまず、はじめは少しずつ(できれば3滴ぐらいから)オイルを垂らしてください。
そのときお肌への刺激が気になる方は、もう少し少なめからスタートしてもよいかもしれません。
あまり香りが強いとかえって刺激になるので、多くても5滴ぐらいがよいでしょう。
お湯があたたかいと通常よりも香りが広がるのも早いので、そのぐらいの量で適量かと思います。
リラックスを目的にすると、あたたかくて気持ちいいなぁと思うくらいの温度がベストです。
あまり高すぎる温度のお湯ではリラックスの前に交感神経が優位にたってしまいますので、ゆっくり入って
じんわり汗をかけるぐらいの40℃ぐらいの温度設定をすることが大切です。

3歳未満のお子さんをお持ちのかたや、妊娠中の方はアロマオイルをお風呂に入れるのは避けておくほうがよいでしょう。
肌が敏感な時ですので、アロマオイルは芳香浴で楽しみましょう。
お風呂で使う場合時間が経つとその香りに慣れてしまい、もう少しアロマオイルを入れようかなと思うこともあるかと思いますが入れすぎには注意してください。オイルの濃度が上がるので、肌に心配な場合もあります。
オイルの種類によってはピリピリしたりということもあるかもしれないので、少量からを心がけるようにしてアロマオイルを
お風呂で楽しんでみてくださいね。

最近はアロマオイルを見かける機会が増えました。手軽に手に入れらるようになったのですが、

同じオイルでも値段がさまざまだとお気づきのかたも多いかと思います。
アロマオイルの専門店では数千円で売っているものが100円ショップにも売っていたりします。
これは原料や方法、つくっている人の手間や工場の規模も関係してくるといわれています。

アロマオイルを作る過程において、少量のオイルを作るのにたくさんの原料が必要だったりするとコストがどうしてもかかる場合もあるのです。

あまりに安すぎてしまうと、どうしても100%ピュアオイルというわけにはいかないものもあります。
100%ピュアオイルでなければならないというわけではありませんが、安いものの中には合成香料が入っているものもあることを覚えておくとよいかもしれません。

特にアロマオイルを使ってマッサージをしようと思うときに、特に肌に敏感に反応する成分が含まれていて肌トラブルを引き起こすこともあります。

体に使うときには安いものだと心配な場合があるので、100%ピュアオイルと証明されているを選ぶほうが安心できるかもしれませんね。
安くてたくさんの香りをそろえておきたいというかたもいると思いますが、
安いものは合成香料かもしれないということを踏まえたうえで芳香浴でたのしむなどとを分けるとよいでしょう。

病院で看護師をしている友人が、今度、メディカルアロマ資格の取得に向けてスクールに通うそうです。
ただでさえ勤務で忙しいのに、頑張っている女性は素敵ですね。