Skip to content

頭皮を守るための夏ケア



暑さがどんどんきびしくなってきましたねぇ。
今年の夏も猛暑がつづくらしいので
ちょっと油断できないなぁって思います。

梅雨のじめじめ感と蒸し暑さで
食欲不振になっている人も
おおいかもしれません。

でも今食欲不振になっている人こそ、
頭皮へは栄養がいかなくなっていることが
おこっているのです!!

頭皮や肌には栄養が最後にいきわたります。
しかし、暑さによる食欲不振で
栄養不足なったり、
そして、頭皮も紫外線に当たることでもダメージが
大なのです・・・

また、エアコンが効いた部屋にずっといることも
血行不良の原因になります。
それによりまた栄養もいかない・・・
悪循環なのですよ。。


夏の頭皮のケアは・・・

傷めない

そして守る

これが大事です。

頭皮が紫外線に当たることを防ぐことは
大事です。帽子と日傘でカバーすることでも
紫外線から守ることができます。

そして、頭皮がダメージを受けやすい
夏の時期は特にシャンプーにはこだわって
頭皮に優しいものをえらびたいですよね。

頭皮に優しいものでマッサージをするように
あらってください。また、熱すぎるお風呂も
紫外線を受けている時期には禁物。
シャワーの温度は39度ぐらい。ぬるいかなぁって
思うくらいでもちょうどいいのです。

そしてトリートメントもこの時期はしっかりと
しておくと髪の乾燥を防ぐことができます。
このときは髪だけにつけるようにしてくださいね。
頭皮につけると、トリートメントが
頭皮に触れることで負担がかかったり、
洗いのこしがおこったりすることもあります。

また、栄養が不足するこの時期。
頭皮や髪にいいのは実はたんぱく質。
髪はケラチンというたんぱく質で
できているので、ビタミンB1を
含む豚肉や、大豆類をしっかりとりたいところです。
後はバランスのよい食事を心がけて
炭水化物や糖質の多い食事はNGです。

夏もしっかり頭皮ケアをして
髪のトラブルをなくしたいですよね。

秋ばてになりやすい人の特徴

今日も秋空のいいお天気がつづいています。
あちこちで運動会も行われているみたいで、
イベントなども盛りだくさんの方もおおいのかもしれませんね。

ただ、最近ずっと身体の不調がとれない・・・。
っていう秋ばての人が増えてきているそうです。


秋ばてにの人には2種類のタイプの人がいる!!


①秋になって急に疲れやすくなってきた

夏はとっても元気に行動して人が
秋になって急にだるさやしんどさなどプチ不調が出やすくなったという人です。

②夏からずっと秋も疲れを感じている


夏には夏バテを感じ、そのままで秋になっても体調不良が
とれない・・。という人です。


①のタイプは

特に体力に自信があり、夏もしっかり動けるタイプ。

昼間はまだ過ごしやすくても暑いのがあり、
冷たい物をたくさんとり、秋の寒暖差によって不調になっていくのです。


②のタイプの人は

胃腸の調子が悪い虚弱体質、冷え症で、暑いのと寒いのが苦手なタイプ。

これらの人は夏に室内外の温度差や夏の暑さでダウンし、
秋になって寒暖差のせいで体調が長引くのです。


どちらの人にも共通するのが、身体を冷やしていること。

猛暑で暑かったのもあり、身体を冷やすことが日常化されてしまって
いるので不調が出るのです。

①のタイプの人は

ビール、アイスコーヒーや、ジュースなど冷たい物をとりすぎない。

暑くてお風呂につかれないときには首をシャワーで温める。

紫外線に当たり過ぎない。

②のタイプの人は

冷え性対策のために、首元にはストール、足首は靴下など
冷え性対策をする。

自分自身が体温をあげるようにするために、
筋力運動を取り入れる。

お風呂はゆっくりと40度ぐらいのお湯に15分ぐらい浸かる。


タイプ別に自分はどちらに当てはまるかをみて、
身体を冷えにくくしてあげたいものですよね。


秋ばてにならない対策、是非とりいれてみてくださいね。

話題のチアシードの効果

今日もいいお天気になりましたねぇ。
天気がいいとうれしくなります!!
お洗濯ものもしっかりと乾きそうな予感です!!

最近体重の増加を気にしている旦那さんが・・。
チアシードっていいの??っていうことを
いっていました。


「チアシード」

ダイエットに興味がある人にとっては
よく出ている名前ですよね!!

チアシードはメキシコや中南米でできる
種子植物。
栄養価が高いのでアステカ民族が
栄養源の1つにしていたそうです。

でも飽食の時代に??!栄養価が高い?!て。

というのも。。。
現代人が不足しやすい栄養価が高いといわれているのです。

・カルシウム→牛乳の5倍以上
・鉄分   →ほうれんそうの3倍
・マグネシウム→ブロッコリーの5倍
・食物繊維 →オール麦の3倍

などなど。野菜不足、野菜自体に栄養価が少なくなっている
といわれる時代には必要な栄養素がたっぷりです。

モデルさんも好んで食べるそう!!

食べ方としては・・。

ヨーグルトに入れたり。
スムージーに入れたり。
サラダにかけたり。
ジャムに入れたり。

水を含むと膨らむので
満腹感もあります。

注意したいのは!!

※一日15gまでにすること。
これ以上だと体内の水分を吸収するので、
便秘になったり、別の不調が出てしまう場合もあるので、
グラムは数は守ってみてください。

特に空腹感を感じるタイミングで
食べると食事の量が減らせたりします。
また、栄養価が高く、食物繊維もたっぷり入っているので
糖分の吸収を穏やかにしてくれる効果もあるので、
脂っぽいものや糖分が多いものを多く食べるときには
一緒にとるといいかもしれません。

健康志向の日本人。栄養価が高いものであるなら、
それと粗食で十分かも?!食べ過ぎに注意しつつ
こういう食べ物を取り入れたいですよね。